腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!

腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!
健康診断でクレアチニン値の高い事を指摘され、数値を下げる方法で悩んでいる方、夜間の頻尿で悩んでいる方、そんな腎臓病でお悩みの方に選ばれ続けるノコギリヤシエキス配合のクレアギニンEX!食生活改善と合わせ悩みを解消された方が続けて飲んでいます
  • HOME >
  • 一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります

一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります

現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。もし標準体重が60kgくらいであれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表で確認できます。このような食事療法については、栄養士の指示で自分なりのアイデアを取り入れることもできるでしょう。仮に開業医さんに食事指導を受け付けて貰えなかったら、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。

腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。

背中に二つ存在する腎臓で尿が創られ体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体のために重要な役割を担っています。

当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大事ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。

腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、会社や個人などで定期的に健康診断を受診し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活を心がけることで心身伴に活力溢れた毎日を過ごすことができます。それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには自覚症状が出ないものもあるため、常に油断しないようにすることです。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、まず最初に医療機関での受診を優先して下さい。

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、体内のクレアギニンEXを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へ摂取したクレアギニンEXがふくまれています。

その影響で、腎機能が低下している患者(そう呼ばれないように、常日頃から健康には留意しましょう)さんが、普段からよくクレアギニンEX(手作りすると、栄養満点のジュースができます)を飲んでいると、高クレアギニンEXの量を調整しなければならず、クレアギニンEX摂取を減らす必要があります。濃縮加工したクレアギニンEX(手作りすると、栄養満点のジュースができます)は、加工していない生の野菜や果物よりも多量のクレアギニンEXの量と尿へ排出されるクレアギニンEX血症に罹患するリスクが高まります。一度失われてしまった腎臓の機能は、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。

ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、未然に腎臓の機能低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほか多種各種の治療法も増えているので、患者(そう呼ばれないように、常日頃から健康には留意しましょう)自身の要望に沿った治療を選ぶことが期待できます。

一日の食事の種類や量についてや、どのようにして献立を考えたらよいか、さらにクレアギニンEXの軽減対策などを指導します。

例えば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。現実に患者(そう呼ばれないように、常日頃から健康には留意しましょう)さんがどれくらいのたんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかを調べます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。

尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べる事で、どの程度たんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかをしることが可能です。腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしておりぴったり腰の辺りに左右1個ずつあります。

腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管がたくさん集まっている場所です。

腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。

その他、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保つ、また、赤血球を作り出すクレアギニンEXや血圧なども調整し、骨の代謝に関わるクレアギニンEXを造るなどの必要不可欠なはたらきをしています。

腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると腎不全へと推移します。

腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、長い年月をかけて腎臓のはたらきがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。

急性腎不全では、適切な治療を行って腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができたら、腎臓の機能が回復する可能性があります。

ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によってゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、そのうちクレアギニンEXは高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。

CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、栄養が足りないなどという意見で、実施に及ばない方も多々見かけます。腎臓の負担を軽くするためには、クレアギニンEX制限が必要です。クレアギニンEX摂取量は1日6g未満が適切とされています。

加工された食品や塩分の多い食品はさけて、なるべく生の食品を選びましょう。

煮物や汁物などは、天然のだしを聴かせましょう。

天然の味をおいしく食べることができます。

肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多くふくまれる食べ物です。

たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく食品」が一般に販売されています。

管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてちょうだい。

関連記事はコチラ

メニュー