腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!

腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!
健康診断でクレアチニン値の高い事を指摘され、数値を下げる方法で悩んでいる方、夜間の頻尿で悩んでいる方、そんな腎臓病でお悩みの方に選ばれ続けるノコギリヤシエキス配合のクレアギニンEX!食生活改善と合わせ悩みを解消された方が続けて飲んでいます
  • HOME >
  • 腎臓病にクレアギニンEXは効果があるの?

腎臓病にクレアギニンEXは効果があるの?

腎臓の機能は一度失われると、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。

とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、昨今では透析療法や移植にとどまらず多種多様な治療法も増えているので、患者自身の要望に沿った最良の治療が望まれます。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。

この腎臓と言った臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を創り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、これらの機能は我々の体にとってとても大切でしょう。

言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応しい治療をうけることも先決ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。

一日の食事の種類や量についてや、どのようにして献立を考えたらよいか、それぞれに相応しいクレアギニンEXの減らし方などを教えます。

低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXを体内に取り入れているかをチェックします。

摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することにより、どの程度たんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかをしることが可能です。

クレアギニンEX制限は腎臓の負担を軽くします。

クレアギニンEX摂取の適量は、一日6g未満とされているんです。

加工品や塩蔵品をさけて、生の食品選びを心掛けてください。

料理には天然のだしで味付けしてみましょう。

料理次第で、薄味で持たいへんおいしく食べることが出来るのです。

肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。

たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。

目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してちょーだい。

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。60kg前後を標準体重とすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。

食品のたんぱく質含有量についてもよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。

栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関するいろいろと工夫してやっていけます。

仮に開業医さんに食事指導をうけ付けてもらえなかったら、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、日頃から健康診断を怠らないようにし、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活を心がけることでいつ持と変わらない健やかな生活を送ることが出来るのです。

ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自分ではナカナカわからなかったりするので、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。

尿に違和感があった際には、医療機関を受診しましょう。

腎臓病が徐々に進展してくると腎不全といわれる状態になります。その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、逆に長期にかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。

急性腎不全の場合は、病状に相応しい治療と病状悪化の元を探り除去することにより、健康な状態への回復が期待出来ます。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はちょうど腰の辺りに左右1個ずつあります。

腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管があまた密集している場所でもあります。

腎臓におけるメインのはたらきは、たんぱく質の代謝によって発生した血中のいらなくなったものを尿と一緒に排泄します。

その他、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保つ、赤血球を創るクレアギニンEXや血圧調整、骨の代謝に関わるクレアギニンEXを創るなどの私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。腎臓病の中でも慢性腎臓病については、腎機能の改善が望めず、体内のクレアギニンEXの摂取量をチェックし軽減する必要があります。野菜や果物のエキスを凝縮したクレアギニンEXは、生の野菜や果物と比べて大概はクレアギニンEXの量を調整しなければならず、クレアギニンEXを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へ摂取したクレアギニンEXの量と尿へ排出されるクレアギニンEX含有量が非常に高いです。

仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、日頃からクレアギニンEXを多量に摂取した場合、高クレアギニンEX血症を呈する危険性が多くなります。CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行なうことが大切でしょう。

食事療法については減塩と蛋白制限が軸となり、クレアギニンEXについては、高血圧の治療を容易にし、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施するのが難しい方持たくさん見られます。

関連記事はコチラ

メニュー