腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!

腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!
健康診断でクレアチニン値の高い事を指摘され、数値を下げる方法で悩んでいる方、夜間の頻尿で悩んでいる方、そんな腎臓病でお悩みの方に選ばれ続けるノコギリヤシエキス配合のクレアギニンEX!食生活改善と合わせ悩みを解消された方が続けて飲んでいます
  • HOME >
  • クレアギニンEXは楽天やAmazonで売っているの?

クレアギニンEXは楽天やAmazonで売っているの?

たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。60kg前後を標準体重とすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。

これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で多様な工夫について知ることができます。

開業医さんで食事指導が難しい場合は、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。腎臓病が徐々に進展してくると次は腎不全と呼ばれる状態になります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長い期間を経て徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。

急性腎不全においては、的確な治療と腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎機能の回復が見込めます。

一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。

腎臓というのは背中に2つありそこで尿を造り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)したり、赤血球を生成したり、私たちの体のために重要な役割を担っています。

腎臓に関する治療は病院に行って薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。腎臓の機能は一度失われると、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。

しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、病態の回復までとはいかずとも、悪化を食い止めることも不可能ではありません。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかいくつもの選択肢が用意してあるので、各々の条件に適した治療を見つけることが可能です。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明瞭に改善することは少ないので、徐々にクレアギニンEX(肥料としてもよく使われています)排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したクレアギニンEX(肥料としてもよく使われています)の量と尿へ排出されるクレアギニンEX(肥料としてもよく使われています)が、間ちがいなく多量です。

仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、日頃からクレアギニンEXを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高クレアギニンEX(肥料としてもよく使われています)の量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。クレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生野菜や素のままの果物に比べて含まれているクレアギニンEX(肥料としてもよく使われています)の量を調整しなければならず、排泄されるクレアギニンEX(肥料としてもよく使われています)血症に陥る可能性が出てきます。腎臓の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)には遺伝的要因からくる腎炎であったり、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、会社や個人などで定期的に健康診断を受診し、病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)と無縁の生活状態を意識することで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。

それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには日常に支障をきたさないものもあるため、予防が中々難しいのも現実です。

日常生活の中で普段と違う尿が出た場合は、すぐに医師へ相談しましょう。

日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、あるいはクレアギニンEXの抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。

実際に患者さんがどの程度のたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)やクレアギニンEXを摂っているのかを調べます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)やクレアギニンEXの摂取量を掌握します。

CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大切です。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、高血圧治療を容易にするにはクレアギニンEXがふさわしく、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされているんですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。

腎臓はソラマメに似た形をした臓器で腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。

腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く集まっています。この腎臓の主な働きはというと、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の代謝によって生じた不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。

体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、また、赤血球を造り出すクレアギニンEXや血圧なども調整し、骨の成長段階に必要なクレアギニンEXを造り出すなどの重要な役割を担っています。クレアギニンEXの制限は、腎臓の負担を軽減することにつながります。一日に6g未満が、クレアギニンEX摂取量としては適切とされているんです。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品選びを心がけましょう。煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。

慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができます。

肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)が多く含まれます。これらのたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を含んだ食品以外でも、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)制限が必要な方用に「低たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)食品」が市販されています。まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談して下さい。

関連記事はコチラ

メニュー