クレアチニンを下げるサプリランキング

クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に行き分離された後尿と一緒に体外へ出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉量が少なくなれば、クレアチニン量もその分落ちていきます。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニン量が飛躍するので、普段よりクレアチニンの値は減少します。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質については性質上分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで少なからず腎臓に負担が出ます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日換算で約30g~40gです。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分に加えて水分の調整も必要になります。このような場合、飲み水だけにあらず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば塩分制限だけになります。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、使用する食品の種類や調理の際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。腎臓病では 糸球体がおかされるために普段通りに血液が通わなくなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物まで、体内に加算されていきます。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く恐れがあります。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量維持することが必要となります。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。優れた効き目が出た際には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせる事が可能なのです。食事療法の難しさはけっして制限の内容ではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って取り組める最善の手法になります。食事で摂取したたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓でろ過され、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を保つためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適量は摂り入れるようにしましょう。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く入っているのです。お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個分と同程度のたんぱく質が内包されています。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病を極力進行させない事と、良好な体調の存続です。透析の要らない保存期のうちは、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行をスローペースにし、透析を始める時期を遅くしていけます。この他、透析を要する状況となっても、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は重要視されます。腎臓病を患う方にお勧めしたい、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理に繋がります。腎臓機能が落ち込む程に、より厳正に食事を制限しないといけません。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限が加わります。独断で食事プランを立てずに、きちんとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。

ページの先頭へ